処女膜再生手術で女性の自信復活❘コンプレックス解消法

笑顔のレディー

婦人科での手術

うつ向く人

女性はデリケートゾーンに関する悩みを抱えていることもあります。もしも性病を発症させてしまったら、おりものや匂いに変化が生じるものです。即婦人科に相談しに行くといいでしょう。また、性器の形が以前と比較して変化することもあります。膣の入口になる小陰唇は左右同じ大きさであることが一般的ですが、ときに片方だけが異常に大きくなったり、または両方が大きくなったりすることもあるでしょう。小陰唇肥大は、恥垢を溜め込む原因にもなり、雑菌繁殖や悪臭発生の原因にもなりかねません。健康面において問題が生じることとは別に、性行為時にパートナーに恥ずかしくて見せられないといった悩みに発展することもあります。

小陰唇肥大の悩みは、婦人科にて性器形成手術を受けることで解決することができます。形成手術の際には、通常よりも肥大した箇所をハサミでカットし、糸で縫い合わせるものとなります。想像するととても痛いものですが、手術中にはもちろん麻酔を打たれているので本人が痛みを感じることはほぼありません。小陰唇肥大を改善するべく、手術を受けた後は多少のダウンタイムが生じるので担当医が言うことを守ることが大切です。術後はなるべく刺激を与えないようにする為、激しい運動を避けるようにしましょう。場合によっては手術を行なった箇所から出血する可能性もあるからです。デリケートゾーンの傷口が開くと、細菌が侵入しやすくなるので、小陰唇肥大改善の為の手術跡はなるべく安静に過ごすことです。