処女膜再生手術で女性の自信復活❘コンプレックス解消法

笑顔のレディー

気になる費用

指を刺される女性

多くの人が足を運んでいる大阪の婦人科で、小陰唇縮小手術を受ける際にはあらかじめ、どのくらいの費用が掛かるのかをしっかり把握しておきましょう。小陰唇縮小手術の方法として肥大した箇所をカットする方法もあれば、ヒアルロン酸やレーザーを用いた方法もあるものです。そのどれらも健康保険適用外となるので、治療費は全額自己負担となります。小陰唇縮小手術は、片方のみか両方かでも費用が異なるでしょう。片方の小陰唇のみを縮小させる際、大阪の婦人科では平均7万円前後掛かると言われています。両方を対象とするなら13万円前後となるでしょう。それらの治療費を一度に全額支払うことが困難であれば、婦人科が提案している医療ローンの利用が可能となります。支払い法が豊富にあると誰でも悩ましい小陰唇肥大の問題を解決しやすいと言えるでしょう。

小陰唇が肥大すると股とこすれて痛みや黒ずみが生じてしまうことがあります。縮小手術にてその痛みや黒ずみから開放されることはできますが、小陰唇縮小手術のことはあまり広く知れ渡っていないのが現状です。大阪にある婦人科では公式ホームページの中で、実際に手術を受けた利用者の体験談や治療実績を掲載しています。婦人科選びの判断材料になるでしょう。手術した後、しばらく期間を空けてから抜糸しますが、それまで多少の違和感が生じるものの本人が痛みを受けることはありません。気になる人は、大阪にある婦人科にて無料相談を行なってみることです。手術の種類から方法、費用、ダウンタイムに至る全てのことをカウセリングで確かめることができます。