処女膜再生手術で女性の自信復活❘コンプレックス解消法

微笑む女性

気になる費用

指を刺される女性

大阪にある婦人科には、小陰唇縮小手術を受けられるところが多くあります。小陰唇縮小手術には幾つかの種類があるので、それによって費用も大きく異なるでしょう。自由診療となるので健康保険は適用外となります。

詳しく読む

婦人科での手術

うつ向く人

婦人科では、女性にとってとてもプライベートとなる悩みを解決することができます。女性の中には、小陰唇肥大に悩みを抱えている人もいるものです。小陰唇肥大した場合には、縮小手術を受けるといいでしょう。

詳しく読む

婦人科選びが肝心

レディー

女性が抱えている悩みを解消させる為には、その道のプロに相談するといいでしょう。性器や性病などに関する悩みは婦人科に相談してみることです。女性が誰もがもっている処女膜は初めての性行為時に破れてしまうものですが、性行為時に限らず、激しいスポーツを若い頃から続けている最中に不意に破れてしまったという人もいるでしょう。処女膜は破れる際に激しい痛みと共に出血が生じます。処女膜が破れてしまったからといって、もう処女ではないということはありませんが、人によって考え方は異なるので不意に破れてしまった際にできれば処女膜再生したいと願う人もいます。

処女膜再生手術にはレーザー法や縫合法があり、利用者自身がその方法を選ぶことができます。確実に処女膜を元の状態に戻す方法は縫合法でしょう。破れてしまった処女膜を綺麗に縫い合わせることで、まるで破れた事実がなかったかのようになります。また破れる際には痛みと出血を生じさせるのでリアルな感触を実感することができるメリットがあるでしょう。処女膜再生手術を受けた後は性行為やシャワー、入浴に関して制限が掛けられるのであらかじめ確認しておくことです。

複数ある婦人科の中から処女膜再生手術を受ける先を選ぶ際には、利用者の口コミ情報を参考にすることが大事です。また自宅からの距離も重要なものとなるでしょう。抜糸するなどで今後通院する可能性もあるからです。手術後は少なからず、体に負担が生じているのでできる限り激しい運動などは避けて過ごしましょう。

自宅で行なえる

悩む女性

毎月訪れる月経後は、綺麗に膣洗浄すると清潔感を保つことができるでしょう。膣洗浄は婦人科で行なうこともできますが、陰部を見せることに抵抗感が生じる人もいます。その際には自宅で用いることができる膣洗浄キットを利用しましょう。

詳しく読む